CATEGORY プロデュース

英語本来の意味と、日本におけるプロデュースの意味は違う。
英語圏のProduceは生産する。製造する。
日本で使われるプロデュースは、クリエイティブに作品を企画し、制作すること。
或いは、放送・デザイン・演劇・音楽制作の統括者として使われることが多い。
私にとってのProduceとは、ある課題解決のために無から有を生み出すこと。
そして、生産し続けるために管理する、メンテナンスする仕事もその中に含まれている。
特にフェスティバルなどは、産みの苦しみや喜びも大きいが、如何に継続し、定着させていくかの方がエネルギーが必要とされる。過去にしがみついていたら、すぐに陳腐化し錆び付く。常に未来を見据え、進化させていくか。
そこにPeoducerの真価が問われると思う。