[ちらし] 川根本町文化会館 2019.07-2020.03 年間カレンダー

入場料

大人 1,000円 小中高生 500円(出前寄席 大人 500円 小中高生 無料)
※全公演未就学児無料

年間パスポートなら、1公演あたり大人250円!! 小中高生125円で観れます! 

大人 2,000円 小中高生 1,000円

公演会場 / チケット取り扱い・お問い合せ

川根本町文化会館
静岡県榛原郡川根本町東藤川909-1 〔休館日〕月曜日・第3日曜日・祝日の翌日
TEL.0547-59-3106 FAX.0547-59-3293

10月19日 高見信行トランペットコンサート 〜トランペットで聴く歌の世界〜

一流のトランペットの音色は、まるで声のように表情豊か!

2019年10月19日(土)
13:30開場 14:00開演
大人 1,000円、小中高生 500円、未就学児 無料
高見信行、城綾乃、松下のぞみ
 高見信行トランペットコンサート

今回の演奏会で、トランペットの印象がきっと変わります。
現大阪フィル所属のトランぺッター・高見信行による、変幻自在「音の色」の世界。ピアノ伴奏は城綾乃。
 
さらに
地元川根本町在住のソプラノ歌手・松下のぞみをゲストに迎え、彩り豊かな音楽の世界をお楽しみ頂けます。
クラシックファンだけでなく、誰もが楽しめるコンサートです。

高見信行

東京藝術大学音楽学部を経て、ハンス・アイスラー音楽大学(ベルリン)及び、ロストック音楽大学大学院を最優秀にて修了し、ドイツ国家演奏家資格を取得。第75回日本音楽コンクールトランペット部門第一位、第19回日本管打楽器コンクールトランペット部門第二位受賞。ソリストとしてライプツィヒ中央ドイツ室内フィル、東京フィル、神奈川フィル、岡山フィルなどをはじめ、国内外のオーケストラと度々共演。現在、大阪フィルハーモニー交響楽団、横浜シンフォニエッタ各団員、(一財)地域構造公共ホール音楽活性化支援事業登録アーティスト、洗足学園音楽大学非常勤講師。

城綾乃

兵庫県立西宮高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。JPTA第20回ピアノオーディション合格、入賞者音楽会に出演。第7回ショパン国際ピアノコンクールIN ASIA一般部門第一位。平成19年度公共ホール活性化事業フォーラムアーテイスト。藝大フィルハーモニア、日本センチュリー交響楽団等と共演。タンゴ・ジャズユニット「TRYMULTY(トリムルティ)」、バストロンボーンとのトリオ「TRIO SYNC.(トリオシンク)」各メンバー。東京藝術大学音楽学部管打楽器科非常勤講師(伴奏助手)。

松下のぞみ

静岡音楽館AOI・5周年祈念オペラ「あまんじゃくとうりこひめ」うりこひめ役。2008年ヴァイオリニスト徳永二男・指揮による静岡交響楽団と共演。2012年度ピアニスト小原孝による「日本歌曲ア・ラ・カルト」出演。静岡室内歌劇場のオペラシリーズに主要な役で出演。日本歌曲では、細やかな情感表現を得意とする。近年はボストン室内管弦楽団コンサートマスターのトーマス・ホフマンと共演。静岡室内歌劇場、瑞穂の会(日本歌曲)各会員。学校法人かわね学園さゆり幼稚園副園長。静岡福祉大学子ども学科非常勤講師。


7月20日 忍者&女方 人情芝居舞踊ショー

多くのご来場ありがとうございました。大好評のうちに終了しました。

ど迫力!! 跳んで!はねて!
華麗に舞う!

2019年7月20日(土)
13:30開場 14:00開演
大人 1,000円、小中高生 500円、未就学児 無料
青山郁彦殺陣工房
 忍者&女方 人情芝居舞踊ショー

青山郁彦

日光江戸村出身、忍者仕込みの肉体に大衆演劇で培った芝居心で独自のパフォーマンスを展開。芸歴20年。ホテル、祭、舞台、イベントと幅広く出演。舞台俳優としては蜷川幸雄作品や中村獅童主演舞台にも出演。青山郁彦殺陣工房主宰。沢竜二【竜劇隊】副座長。 日本俳優連合アクションライセンス、殺陣・技斗 上級、空手初段(空手道今野塾)、和泉流狂言師小笠原匡に師事、特技 殺陣、日本舞踊、火吹き、女形、 南京玉簾、横笛、リンボーダンス、兵庫県立宝塚北高校演劇科、桐朋学園芸術短期大学芸術学科演劇専攻卒業

8月24日、25日 出前マジックショー

夏の疲れも”笑い”と”驚き”で吹っ飛ばしましょう!
人気のコメディマジックが帰ってきた。

2019年8月24日(土)
  10:00開場 10:30開演 徳山コミュニティ防災センター(徳山1369)
  13:30開場 14:00開演 川根本町文化会館(東藤川909-1)
2019年8月25日(日)
  13:30開場 14:00開演 山村開発センター(上長尾627)
大人 1,000円、小中高生 500円、未就学児 無料
松鶴家ぽん、松鶴家天太
 出前マジックショー

松鶴家ぽん

1989年リングリングブラザーズ・アンド・バーナム&ベイリークラウンカレッジジャパン1期生。1997年ロシア国立サーカス学校  State School of Circus and Variety Artsに留学。 ジャグリング、マジック、イリュージョンなどを習得後、国内外で大道芸を始める。アメリカ ラスベガス「CIRCUS CIRCUS Hotel&Casino」に出演。2003年に、漫談家 松鶴家千とせ師匠に師事。2007年 PONTA改め “ 松鶴家ぽん”を襲名。フジテレビ 「笑っていいとも!リトルトランプマンショウ!」グランプリ受賞などの数々の受賞歴を持つ。

10月12日 日仏国際制作「妖怪ケマメ」

ジャグリングを超えたジャグリング!
想像をはるかに超える世界感、大人も子どもも、みんな夢中になれます。

2019年10月12日(土)
13:30開場 14:00開演
大人 1,000円、小中高生 500円、未就学児 無料
渡邉尚「頭と口」、ギヨーム・マルティネ(デフラクト)
 妖怪ケマメ

渡邉尚(わたなべ ひさし) 「頭と口」

カンパニー「頭と口」主宰。20歳から独学でジャグリングを始める。身体中で物を自在に扱うジャグリングに人間の動物性を見出し、逆立ちや軟体を駆使した独自の動きを探求。既存の大道芸やサーカスではない、新たな身体芸術・哲学としてのジャグリングを開拓している。2015年カンパニー「頭と口」を発足、ダンス、ジャグリング、サーカスの垣根を超え各界から注目を集める。16年末、フランスへ渡り、ヨーロッパ各国のフェスティバルに多数招聘。現在沖縄を拠点にアジア・ヨーロッパを中心に活動中。

ギヨーム・マルティネ(デフラクト)

ジャグリングカンパニー「Defracto」主宰。サーカス学校ル・リド(フランス)卒業。2008年に「Defracto」を結成。2009年、ソロ作品『Cinetique TOC』が、若手の登龍門と呼ばれるサーカスフェスティバル「シルク・ドゥ・ドゥマン」の審査員特別賞を受賞。以降、世界中で注目をあびる。2014年、新境地を開くべくデュオ『フラーク』を発表。”ジャグリングと身体による新しい言語”による他に類を見ない新しいパフォーマンスで、ヨーロッパを中心に人気が急上昇し、各国から引っ張りだこになる。2016年に来日し、東京にて公演。